うちの王子は天才うさぎ

鼻のあたまに白ぽちの黒ネザー「王子」と甘えん坊の「かえで」。2匹は別々の部屋で暮らしています。
1

深夜のかえでタイム

毎日恒例
深夜のかえでタイムですよー


野菜おやつを食べてひとしきり撫で撫でした後で
狭いところにぐいぐい入ってくるしましま
IMG_0378.jpg


IMG_0375-001.jpg


さっき食べたでしょ
もう少ししてからね(←甘やかし)


IMG_0376-001.jpg

諦めておもちゃの方へいくかえでちん


おちりが可愛いのでもう一枚

IMG_0377-001.jpg






IMG_0363.jpg

おおー、さすがかえで棟梁


えっ、もう?
IMG_0364.jpg


【レッドクロスの謎を解け】

昼間、都内某所で迷子の外国人女性に声をかけられました
「渋谷に行くバスに乗るために"red cross"を探しているの」
何だろう、お店か何かの名前かなぁ??
"red cross"はわからないけど渋谷行きのバスならこの先にある大きな病院の前からでているので
途中まで一緒に行きましょう、と2人でトコトコ病院を目指しました

と、急に彼女が「red cross!!」と指さしたのは

コレ
450px-Japanese_Red_Cross_Medical_Center_20120826.jpg
画像は日本赤十字社医療センターwikiよりお借りしました

なるほどー!レッドクロス!
これにて一件落着






スポンサーサイト
Category : かえで
6

かえで棟梁、分身を作るの巻

連日の工事ドリル音にも負けず、
かえでは元気です

「かえでも工事仕事しなきゃ!」と思ったのかどうかわかりませんが
毎日わらトンネルやおもちゃをカジカジ破壊加工しています

あれ!?

かえでさんこれはもしや!

IMG_0351.jpg


IMG_0350.jpg


すごーい!天才っ


IMG_0344.jpg


はいはい、沢山食べてね


かえでは今日も元気です

スポンサーサイト
4

深夜の頻尿 復活の王子(後編)

前編のつづきです

いつもの病院に到着~

ちなみに予約時にざっくりお伝えしていたこと
・昨夜急にうずくまって動かなくなった
・おしっこの様子がいつもと違いあちこちに点々としていた
・今朝は排泄はいつも通り、ペレットも食べている

診察室で改めて昨夜の22時以降から今朝までの様子をお話しました

触診と歯のチェック、軽く爪切りをしてから王子はいったんキャリーに戻して先生のお話を聞くことに

「僕の見解としては」と前置きされた後
「なにか、消化器系の疾患があって
その痛みでいわゆる失禁のような状態となったのではないかと思います」
「例えば急性胃拡張の場合などは『急に症状が出て』『急におさまる』ケースがあります」
恐らく今回の王子もそうではないかと

「もし結石など泌尿器系の病気の場合はこんな風に急に回復したりしない」と補足いただきました

そして、私とオットがお話した現在の状態とこれまでの王子の診察履歴から判断すると
特に治療は必要ないでしょうと言われました

苦しそうにしているときに私は何もできなかったと言ったら

「これまでもここでお話してきていますが
『病名を探る』のではなく、(飼い主にしかわからない目線で)経過を説明いただくことが大事です」と言われました
(もちろん、症状によっては夜間救急病院に連れて行く等の判断は必要)

今回の私たちの飼い主としての対応は(病院の考えからすると)パーフェクトだそうです
これからも、信頼する病院の先生やスタッフさんに「信頼される」飼い主でいたいなと思いました

「大事なのは、また同じ様な症状になったときに『以前に回復したから』と過信して
通院を遅らせて事態を悪くしてしまわないことですよ」とオマケで言われました
肝に銘じておきます



王子の診察は短時間だったのでストレスもなかったようです

IMG_0324.jpg


ドヤ顔
IMG_0326.jpg


家に帰ってから牧草をいっぱい食べてご機嫌でした
元気な王子に戻ってよかったよかった


王子の様子がおかしくなってから
ワタワタと行動する(先生の言葉を借りれば「病名を探る」)ことなく割合冷静でいられたのは
ずっとLINEでドイツのはなこさんが話を聞いていてくれていたからです
はなこさんありがとー


0416_20170416182610116.jpg

スポンサーサイト
0

深夜の頻尿 復活の王子(前編)

明日は強風もおさまっていいお天気になるみたいだから
お弁当もって公園に行こう(タンポポ葉を摘もう)と
わくわくしていた土曜の夜、突然王子の様子がおかしくなりました

いまは元気でいつも通りにしていますのでご心配なく


【注意】
・備忘のためにあったことを書くのでちょっと長い話です(前後編に分けます)
・ちょうど1年前にも今回と同じような症状になったことがありました(この時は通院していません)
「おなかがいたかった」
・「おしっこ」という単語が山ほど出てきます
・うさぎが見せる症状や経過は個体や状況によって違うので「ふーん、こんな事もあるんだね」と軽く読んでいただけるとありがたいです


さて本題

22時までの王子
牧草食べたり私のまわりを走ったり、いつも通りだったのです
IMG_0318_20170416162128217.jpg


で、オットと交替して
ひとりで「進撃の巨人」を観て30分後に戻ると
寝落ちしているオットの横のガーゼタオルの上で丸くなっていた王子
(マットの代わりにガーゼのバスタオルを使っています)


ここまでは割とよくある光景なのですが
いつもはすぐに食べ始める生野菜おやつは減っておらず
なんだか表情も冴えない??


何より衝撃的だったのはそのタオルの上で大量におしっこをしていたこと


カクカク行動の延長で(発情して)、くつろぎスペースのタオルの上におしっこすることはあったけれど
いつも野菜の汁をたらす他は汚さない方のタオルにおしっこするなんておかしい・・

「王子、トイレを使おうね」と言ったら「ハッ」とした顔であわててトイレに走って用を足していました

それからもカーペットの上でちょろっと漏らしては自分で気にしてクンクンしていたり
ぼんやりした顔で丸くなってじっとしていたり・・

いつもならキャッキャッと喜ぶオットとのりんごタイム(「キケンなリンゴ遊戯」参照)になっても
のっそり動いて一つ食べたらまたタオルの方にいって丸くなる始末
キラーアイテム、乾燥パインにも無反応

い よ い よ お か し い

丸くなって動かない王子をなんとか移動させて
部屋んぽサークルを撤収していつものスペースに戻すと今度は
くつろぎ用タオルの上やすぐその脇のカーペット部分の何か所かにちょろちょろっとおしっこをしました
(おしっこ自体は血尿っぽいとか異常はなし)

王子は時々タオルの上におしっこをするほかは反応もにぶくなりましたが
耳は冷たくなく歯ぎしりもなく頭や背中を撫でても嫌がらないので
タオルの下に使い捨てカイロをいれて
サークルの外からマイカヒーターを点けました

その後少しの時間かえで部屋に行っている間に
置いていた乾燥リンゴを食べ、さらに(いつもよりゆっくりながら)私の手からも食べ
すこし走ったりもするようになり、
いつものリラックスした体勢で寝始めたので私も休むことにしました
これが夜中2時頃のこと


朝6時半
生野菜のお皿は(小松菜の茎を残して)空っぽになっていて
牧草も自分の好きなところだけ食べた形跡があり
いつも通り「オットさんあそぼー」のポーズでちょこんと座っていました

復活??

ペレットも食べお水を飲み、勢いよく牧草も食べ始めましたが
オットの膝のまわりを何周か走り回るとそのまま膝の上でしば~らく休んでいたり
軟便があったりと「いつもと違う」ことがあったので念のため病院には行くことにしました



午前の予約ができたので眠そうな王子をキャリーにいれてオットの運転でいざ病院へ!(外気温25度)

IMG_0323.jpg


後編へ続く



0415_20170416181840754.jpg

スポンサーサイト