うちの王子は天才うさぎ

鼻のあたまに白ぽちの黒ネザー「王子」と甘えん坊の「かえで」。2匹は別々の部屋で暮らしています。
4

深夜の頻尿 復活の王子(後編)

前編のつづきです

いつもの病院に到着~

ちなみに予約時にざっくりお伝えしていたこと
・昨夜急にうずくまって動かなくなった
・おしっこの様子がいつもと違いあちこちに点々としていた
・今朝は排泄はいつも通り、ペレットも食べている

診察室で改めて昨夜の22時以降から今朝までの様子をお話しました

触診と歯のチェック、軽く爪切りをしてから王子はいったんキャリーに戻して先生のお話を聞くことに

「僕の見解としては」と前置きされた後
「なにか、消化器系の疾患があって
その痛みでいわゆる失禁のような状態となったのではないかと思います」
「例えば急性胃拡張の場合などは『急に症状が出て』『急におさまる』ケースがあります」
恐らく今回の王子もそうではないかと

「もし結石など泌尿器系の病気の場合はこんな風に急に回復したりしない」と補足いただきました

そして、私とオットがお話した現在の状態とこれまでの王子の診察履歴から判断すると
特に治療は必要ないでしょうと言われました

苦しそうにしているときに私は何もできなかったと言ったら

「これまでもここでお話してきていますが
『病名を探る』のではなく、(飼い主にしかわからない目線で)経過を説明いただくことが大事です」と言われました
(もちろん、症状によっては夜間救急病院に連れて行く等の判断は必要)

今回の私たちの飼い主としての対応は(病院の考えからすると)パーフェクトだそうです
これからも、信頼する病院の先生やスタッフさんに「信頼される」飼い主でいたいなと思いました

「大事なのは、また同じ様な症状になったときに『以前に回復したから』と過信して
通院を遅らせて事態を悪くしてしまわないことですよ」とオマケで言われました
肝に銘じておきます



王子の診察は短時間だったのでストレスもなかったようです

IMG_0324.jpg


ドヤ顔
IMG_0326.jpg


家に帰ってから牧草をいっぱい食べてご機嫌でした
元気な王子に戻ってよかったよかった


王子の様子がおかしくなってから
ワタワタと行動する(先生の言葉を借りれば「病名を探る」)ことなく割合冷静でいられたのは
ずっとLINEでドイツのはなこさんが話を聞いていてくれていたからです
はなこさんありがとー


0416_20170416182610116.jpg

スポンサーサイト
0

深夜の頻尿 復活の王子(前編)

明日は強風もおさまっていいお天気になるみたいだから
お弁当もって公園に行こう(タンポポ葉を摘もう)と
わくわくしていた土曜の夜、突然王子の様子がおかしくなりました

いまは元気でいつも通りにしていますのでご心配なく


【注意】
・備忘のためにあったことを書くのでちょっと長い話です(前後編に分けます)
・ちょうど1年前にも今回と同じような症状になったことがありました(この時は通院していません)
「おなかがいたかった」
・「おしっこ」という単語が山ほど出てきます
・うさぎが見せる症状や経過は個体や状況によって違うので「ふーん、こんな事もあるんだね」と軽く読んでいただけるとありがたいです


さて本題

22時までの王子
牧草食べたり私のまわりを走ったり、いつも通りだったのです
IMG_0318_20170416162128217.jpg


で、オットと交替して
ひとりで「進撃の巨人」を観て30分後に戻ると
寝落ちしているオットの横のガーゼタオルの上で丸くなっていた王子
(マットの代わりにガーゼのバスタオルを使っています)


ここまでは割とよくある光景なのですが
いつもはすぐに食べ始める生野菜おやつは減っておらず
なんだか表情も冴えない??


何より衝撃的だったのはそのタオルの上で大量におしっこをしていたこと


カクカク行動の延長で(発情して)、くつろぎスペースのタオルの上におしっこすることはあったけれど
いつも野菜の汁をたらす他は汚さない方のタオルにおしっこするなんておかしい・・

「王子、トイレを使おうね」と言ったら「ハッ」とした顔であわててトイレに走って用を足していました

それからもカーペットの上でちょろっと漏らしては自分で気にしてクンクンしていたり
ぼんやりした顔で丸くなってじっとしていたり・・

いつもならキャッキャッと喜ぶオットとのりんごタイム(「キケンなリンゴ遊戯」参照)になっても
のっそり動いて一つ食べたらまたタオルの方にいって丸くなる始末
キラーアイテム、乾燥パインにも無反応

い よ い よ お か し い

丸くなって動かない王子をなんとか移動させて
部屋んぽサークルを撤収していつものスペースに戻すと今度は
くつろぎ用タオルの上やすぐその脇のカーペット部分の何か所かにちょろちょろっとおしっこをしました
(おしっこ自体は血尿っぽいとか異常はなし)

王子は時々タオルの上におしっこをするほかは反応もにぶくなりましたが
耳は冷たくなく歯ぎしりもなく頭や背中を撫でても嫌がらないので
タオルの下に使い捨てカイロをいれて
サークルの外からマイカヒーターを点けました

その後少しの時間かえで部屋に行っている間に
置いていた乾燥リンゴを食べ、さらに(いつもよりゆっくりながら)私の手からも食べ
すこし走ったりもするようになり、
いつものリラックスした体勢で寝始めたので私も休むことにしました
これが夜中2時頃のこと


朝6時半
生野菜のお皿は(小松菜の茎を残して)空っぽになっていて
牧草も自分の好きなところだけ食べた形跡があり
いつも通り「オットさんあそぼー」のポーズでちょこんと座っていました

復活??

ペレットも食べお水を飲み、勢いよく牧草も食べ始めましたが
オットの膝のまわりを何周か走り回るとそのまま膝の上でしば~らく休んでいたり
軟便があったりと「いつもと違う」ことがあったので念のため病院には行くことにしました



午前の予約ができたので眠そうな王子をキャリーにいれてオットの運転でいざ病院へ!(外気温25度)

IMG_0323.jpg


後編へ続く



0415_20170416181840754.jpg

スポンサーサイト
6

王子5歳 血液検査の巻

IMG_3373.jpg


かえでが注射をした2日後、今度は王子を連れて病院へ行きました

約1年ぶりの健康診断です

(ハウスオブラビットさんでグルーミングのたびに簡単なチェックもしていただいていたし、
かえでの通院のたびに王子の様子も先生にお話しして
「元気でいるなら無理に連れて来ないでいいですよ」と言われていたのです)

さぁ、王子久しぶりに病院にいくよー
IMG_3367.jpg

以前なら先生に会ったとたんに臨戦態勢になってキックとパンチを繰り出していたのが、
「あ、ここ来たことある~」とぽやーんと穏やかにしている王子に加齢成長を見たのでした

歯のチェックをしているとき「お!移動中にも(牧草を)食べるようになったか」と先生がつぶやいて、「そうそう」と深く頷く私とオット

歯 : きれい
お腹  : 王子は調子のいいときと悪いときの差がわかりづらく、固いのがデフォルト
耳 : 異常なし
その他触診ではどこも異常なし

そして、いよいよ本日のメインの血液検査です
果たして結果は・・

全14項目すべて異常なし

d=====( ̄∇ ̄*)bイエーイd(* ̄∇ ̄)=====b

王子がいま健康で元気な事を数字で、医学的にも「健康体」という証明ができました
そしてこの数値は、これから王子が年を重ねていくうえでの変化を見る指標になるのです

(例えば「血液細胞検査」の「PCV」(たぶん、血の濃さ?)を見る項でのうさぎ正常値は30から50%で王子は47.6%という結果でした
これが30%代になったとき、正常値の範囲ですが王子の個体でみると貧血に傾いたということになります)

今回レントゲンは受けなかったけれど肺、心臓、関節の様子も見るならそれも必要ですね
それはまた6歳になってから考えようと思います


見た目も中身もピカピカでうれしいよ、王子

IMG_3374.jpg

これからも元気に楽しく毎日を過ごそうね






スポンサーサイト
6

おなかがいたかった

夜のへやんぽ中
気付くと王子が無表情になって何もない空間を見つめていました

その後オットから乾燥りんごをもらって食べているときはいつも通りだったので
眠いのかな?と深く考えずに
「へやんぽ終了だよ~」とサークルを狭くし始めたら
いつもの座り込みポイントに敷いてあるタオルのうえでおしっこしました!!!
(王子は滅多なことではトイレ以外の場所でおしっこをしません)

怒ってる?それにしては表情がうつろになってる

試しに大好きな乾燥パインを取り出しても無反応
いつもなら袋を見せただけで膝に駆け上がってくるのに

それどころか今度はくつろぎマット(ガーゼのバスタオル)の上に盛大におしっこを何度も!!

なんだなんだオカシイゾ

そのうちトイレにおしるし程度のおしっこをしてからケージに戻っていったので
(いつもは私が寝てからじゃないとケージに戻らないのでこれもオカシイゾのポイント)
マイカヒーターと迷って、王子が自分から温まりにいけるよう
すでに片付けていたうさぽかヒーター(商品名)をケージの中にに立て掛け直しました

2時すぎまで見守っていて1時間後アラームをセットしてとりあえず寝ました

アラームの鳴るちょっと前にケージから出てくる気配がしたので見に行くと
さっき食べなかったパインが消えていました

また少しして見に行くと柔らかいうんちがあちこちに落ちていました
おお、復活の兆し

果たして
朝にはトイレにいつもとおりの大きさのうんちがコロコロと転がっていて
オットへの甘えっぷりもいつも通りでした

Σd(≧ω≦*) グッ

念のため午前中は様子見していましたが
キャッキャッ走り回るくらい元気になって
カメラをむけたらポーズまでとる余裕っぷり
IMG_2794.jpg

王子、よく頑張りました


大事にならなくてよかった・・
季節がかわって換毛期前というのが王子にとって鬼門なんですが
ここしばらく元気玉子だったので油断していたところがあったかもと猛反省中です
(o-´ω`-o)


0425_2016042515163862a.jpg

去年通院したのって目を怪我した時と8月末の健診だけ・・ありがたいなぁ






スポンサーサイト
10

経過良好!

今日は王子の再診の日でした
幸い早い時間の予約が取れたので
嵐の前になんとか濡れずに往復できました


もう涙はとまっていて
眼の周りの赤味もとれ
お腹も絶好調っ

ということを
院長先生の前に健康チェックをしてくれた女性の先生にお話しました

・・・案の定、王子は無抵抗・・

単に眠いだけかと思いきや
院長先生(男性)にはいつも通り
「なにすんだよ!」と抵抗していたので
やはりそういうことみたいです(笑)
オット以外の男性は嫌いなのね~


オットにモミモミされて至福の顔の王子
IMG_1139.jpg


多分心の中で「うふふ」と言っている・・
IMG_1139a.jpg






話を戻して
診察の結果は
「念のため目薬をあと1週間続けて
それでおしまいでいいですよ」とのこと

やったーっ


あとはちょこっと雑談して
かえでの様子もお話しして診察終了っ

王子は家に帰ってからも元気にしています


ご心配をおかけしましたが
無事治りました

怪我の直後、見た目が悲惨な時は
さすがに凹みそうになりましたが
優しい言葉を沢山いただいたお蔭で
気持ち明るく乗り切ることが出来ました

少しずつお返しをしていきますよ(ペコリ)



王子よく頑張りました(花丸っ)
0420.jpg


次はかえでさんが健康診断で通院だよ~

IMG_1137.jpg




スポンサーサイト
6

眼の傷の経過

左目に稲妻のような大きな傷がついてしまった王子(その記事

目薬で治療を始めて丸3日がたちました
キズナオール(仮)が王子の体質に合っていたのか涙もどんどん減っています

点し始めてから
傷の無い方の右目まで涙がでて
目の縁が赤くなったので心配しましたが
左目の経過とともに自然と収まりました


IMG_1116.jpg


状態がぐんぐんよくなってくると
表情も明るくなり
傷の痛みとストレスで元気がなく
しんなりしていた数日を取り戻すかのように走り回っています


走り回る → 腸がよく動く → いいうんちが沢山でる → 沢山食べる
の健康ループに戻ってきました

IMG_1114.jpg


昨日今日と今月初めて2日連続で晴れたので
この前採ってきたクローバーとりんごをたくさん干しました
(たんぽぽ葉は湿度に負けてなんだか・・・とほほ)

乾燥りんごでご機嫌とって
完治まで引き続き目薬を頑張ります


応援ありがとうございますっ



【王子の新しい遊び】
走り回るのに飽きる(?)と
私の腕にまとわりついて
カクカクの機会を狙ってきます

仰向けに寝て肘を始点に左右に動かすと
右腕にはりついた黒玉子がそのままスライド・・

腕をスライドしても王子がついてくるww

左腕も一緒に左右にふってみましょう

ババンババンバンバン
ババンババンバンバン・・♪


王子のというより私が遊んでいる!?






スポンサーサイト
10

眼球に傷 瞳に稲妻

夜、毎日恒例のへやんぽの時間が近づくと
ケージからごろろんと黒玉子が転がり出てくる(比喩)のですが
その夜は様子が違いました

顔を見ると左目の周りが濡れている!?

牧草の粉が目にはいったのかなーと
最初は一時的なものかと思っていたのですが
ぽろぽろと涙(透明)が出続けて、頬が濡れるのが不快らしく
たびたび顔を洗うので原因の左目周りの毛はぺしゃんこで
目のまわりが赤くなっていて悲惨なことになっていました
(濡れた前脚で触るので右目まわりも同じ様に・・・)

一般に涙が出る原因は「歯」「鼻涙管」「外傷」などがあるそう
そして常に毛が濡れていることによる皮膚炎(涙やけ)の可能性も

何よりストレスで食欲を無くしてしまうのが一番怖かったので
翌朝すぐ病院を予約して行ってきました

土砂降りのなか久々に電車での通院でしたが
キャリーの中でジェル状のゆたんぽの上にちょこんと収まって
おとなしくしていました

この画像は先日ハウスオブラビットさんに行ったときのです
01c9d5e08bc7b78c45af2595eb061c8a76cbdfa57a.jpg

診察室で前日からの様子をお話しし、
まず目に傷がないか検査薬をいれて反応をみました
角膜に傷があれば反応して染まるということでしたが果たして・・

王子の左目の眼球モデル図
黄緑に染まっているところが傷です
kizu.jpg


Σ(゚Д゚;;)ノェェェェエエエエ
目、王子の目に稲妻がーっ!!

想定外の大きな傷に一瞬クラッとしました
この損傷した部分を治そうとしてどんどん涙が出てきているのでした

治療は点眼で行うということで
角膜を修復する目薬(キズナオール)に加えて
目のまわりの赤くなっているところが気になると私が言ったので
抗生剤(キズヨクナール)の2本を出していただきました

少しでも気持ちをアゲようと仮称をつけてみましたww

これを2本で1セット一日3回点眼します

目のまわりを
グルーミングにつかっている生除菌水で濡らした柔らかいテッシュで拭いて
キズナオールをさして5分おいてからキズヨクナールを点します
IMG_1097.jpg

王子は目薬自体は嫌がらないので助かります

急にこんなことになってしまって
いつもより元気はないけれど
今のところ食欲は落ちていないので
頑張って点眼を続けます


目のまわりの毛がしっとりして痛々しい感じなので画像は載せません m(_ _)m
代わりに先日撮ったきゅるるん王子を
かおるくんのママさんにいただいた乾燥リンゴを食べてゴキゲン顔
IMG_1070.jpg



はやく治りますようにっ






スポンサーサイト
6

筋肉質うさぎ!?

換毛中でもさもさの王子を連れて健康診断に行ってきました

この頃よく食べよく走っていて表情もよく
一時期の体重増加でぷよぷよだったボディも引き締まり、
これは前回よりさらに減量できているに違いない(キラキラ)と
オットと二人で自信満々で診察室に入ったのです

測定結果

過去最高の1.16キロをマーク

ΣΣ(oД゚*)ノノ ェェェエエ!!!  そんなバカな!!

シツコク3回も測り直してもらったけれど
何度見ても1.16キロ・・・

だってこんなに引き締まっているのに何故体重増・・??
眉毛も肩も8時20分状態でしょんぼりしていたら
「王子は筋肉質なので、これはデブというわけではないですよ」と
先生から神の一言が

筋肉質・・ (o・ω・o)?ホェ?
他のネザーの子よりも普段からお腹が固めなのも筋肉のせい??

つまり食餌の工夫と運動でめでたく脂肪が減って
筋肉がついたのでその分体重が増えたと

「小顔で、膨らんで見える毛質(※)だから余計に体が丸く見えちゃうんですよ」

※ハウスオブラビットの鷲見オーナーさんに「毛が中でうねっている」と言われたことあり
その時の記事 「ハウスオブラビットさんでグルーミング(前編)

「(この状態はデブではないので)無理に体重を減らそうとしなくていいです」
(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン

今回の大換毛も、
「体の機能がよく働いているから」しっかり生え変わろうとしているとのこと
なるほどー

(王子をよく見てくれている)専門家の意見というのはありがたいです
王子の個性についてまた理解が深まりました

今回も得るところの多い健康診断でした



そして和やか~に診察が終わったところで
先生から「王子の写真を撮らせてください」とお願いされました

今度のうさフェスタの講習会で
「長期にわたるうっ滞を乗り越えた子」として紹介するそうです

そうでした
今はこんなに健康で元気な王子ですが
一昨年の年末から春先まで長きに渡りうっ滞と戦ったのでした

うさフェスタの初日
11月22日(土)16:00~のセミナー「うっ滞 恐ろしいサイレントキラー」の
事例紹介に黒うさぎ(鼻に白いぽっち付き)が出てきたら
それは王子でーす
受講される方は是非チェックを(笑)

この子の頑張りが、同じ症状で苦しむうさぎさんや飼い主さんの
希望の光になるならとてもうれしいです



みんなが自分をほめているのがわかったのか
撮影が終わったらくるっとこちらに向き直って
「ふふふーん」と得意げな顔をした王子でした(天才・・)

その時のイメージ↓
140731_222019.jpg




あのときはよく頑張ったよね~と
家に帰ってからもたくさんナデナデしました




1027.jpg


【おすすめ】
王子の遊び場にこれを敷いてからほんとうによく走るようになりました
(我が家はベージュを購入)



・・目を離した隙に齧られて穴があいたので買い直します(とほほ)


スポンサーサイト
6

健康診断で褒められたよ

今年になって病気知らずの王子です(えっへん)
今日は定期健診にいってきました



CIMG8430-001.jpg

ちょっとムッとしてた王子
でも好奇心が勝りキャリーの中でぱたぱた走り回っているうちに
ご機嫌が直りました



今日は先生にパンチもキックも無し
大人になったのね・・(眠かっただけ?)

さて、前回高値だった体重ですが
時間をかけて徐々にペレットを減らしてきた効果で
なんと約1ケ月で40グラム減!

(先に「2ケ月で40グラム減!」と報告したうさ友様、誤報でした☆)

具体的には
7月23日 1,140グラム
8月31日 1,100グラム
です

先生が王子のお尻周りをもしゃもしゃ触って
「たかが40グラムなのにこの辺の感じが変わりましたね」と
言ってくれました(えへー)



ミカプルさんにいただいたスプーンスケールで毎回きっちりグラム管理を
している成果がでてうれしいです
(ミカプルさんありがとです)




さてそのスプーンスケールですが
さくっとすくって計量ではなく
水平なところに置かないと正しく量れません

CIMG8435-001.jpg

なのでスケールスプーンをテーブルに置いて
別のスプーンでペレットを移して量っています


ペレットを量るのにちょうどいいサイズで
オートパワーオフ機能もついていて
製品としてなかなか優れものだと思います



ゆっくりゆっくりペレットも切り替え中なので
以前から食べているペレット1の量(配分)を少しずつ
減らしてます
CIMG8433-001.jpg


王子の理想体重1,002グラムを目指して
あと100グラム、ゆっくり一歩ずつ頑張っていくです





まだ減量の日々は続きますよー
ポチッと応援よろしくです
0831.jpg

スポンサーサイト
8

王子健康診断に行くの巻

毎日元気な王子ですが
爪が伸びてきたので健康診断に行ってきました



前回はくったりとおとなしかったのに
今回はキャリーから先生が診察台に出す時点で「何すんだよ!」と王子キック炸裂
例えばこれ
私だったり病院のキュートな女性スタッフさんだったら
きっと王子はおとなしいのだと思う・・

最近右目が涙目になっているので
歯もしっかり診て頂きましたが異常なし
特に病的な原因はないということで
ケージ環境を見直すことで様子見になりました


体重は高値安定でした

6月からペレットの切り替えで
2種類を混ぜて様子を見ているところなので
体重は安定していた方がいいのです

先生も「(体重が減らない)理由がはっきりしているならいいでしょう」と苦笑

まんまる王子
CIMG8221.jpg


繊維質の多い新しいペレットのお陰で
最近うんちの量がとても増えました
このままいい感じで切り替えができればいいのですが


まだしばらくは玉子の名をほしいまま
CIMG8222.jpg

↓リンクつけるの忘れていました ゥリュ(´iωノ[壁]


0723.jpg



スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。