うちの王子は天才うさぎ

鼻のあたまに白ぽちの黒ネザー「王子」と甘えん坊の「かえで」。2匹は別々の部屋で暮らしています。
0

王子、うっ滞になるの巻(その1)

王子の様子がおかしくなりました

まぶ日記さんでうさ夫くんの不調の話を読んで
「よしっ、王子が体調不良にならないように、ここはストーカーになろう!」
と心にきめたその2日後のことでございます

だめじゃん私

ゴ───(ll´д`)───ン

へやんぽでの動きがにぶくなり
ペレットの食べも悪くなり
それでも●は出ているし、生牧草も野菜も食べていたから
「ままま、まーさかねー」と楽観していたのですが・・

昨夜とうとうちまちました●(しかも毛入り)しか出なくなり
朝になっても(量はあるけど)いつもよりふたまわりほど小さい●・・

ペレットもほとんど減っていなくて
王子は、おやつは少したべるけど不機嫌

これってとっても危険な状態!?
┣¨┣¨┣¨(゚Д゚;)ドーシヨ

正直、自分自身も体調わるくて起きられない状態だったのですが
「ふんぬー」と気合いで体を起こし、
昼前にオットが仕事から帰ってきてくれたので
いつもの病院に予約をとってあたふたとでかけました

ここ数日の様子や●の具合など話をきいてもらって
どうやら「うっ滞」らしいという見解に
うっ滞・・・(ll゚д゚)ゴーン

いきなりお薬を投与するのではなく
数日病院に通うことを条件に
水分補給のための栄養注射と、お腹の超音波治療をすることに

(これで改善されるようならその後に内服薬という順になります。)

治療してもらっている間、待合でふかーく深く落ち込みました
うっ滞・・
王子、お腹いたかったろうな
苦しかったろうな・・(めそめそめそ)

しょんぼり肩を落として座っていたら
「治療しているところを見ますか?」と先生が声をかけてくれました

奥の治療室にいくと
いつもの看護士の女性の膝で、たんぽぽの葉っぱなんかもらって
超音波治療機(ピリピリさせずに温熱のみ)で患部を温めてもらっていました
王子はようやく安心したのかとっても穏やかな表情をしていて
めっちゃかわいかったですー

また明日も通院です

がんばれ王子

その2に続きます


ブログ村アクセスランキングに参加しています
ポチッとよろしくお願いします↓





にほんブログ村 うさぎブログ 黒うさぎへ

うさぎ師匠のところの男の子もうっ滞になったそうです
なんだろう・・男の子の方が弱いのかなぁ

関連記事

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapleprince.blog.fc2.com/tb.php/64-61d9ce6c