うちの王子は天才うさぎ

鼻のあたまに白ぽちの黒ネザー「王子」と甘えん坊の「かえで」。2匹は別々の部屋で暮らしています。
0

投薬週間終わりました

昨夜の分で王子の投薬が終わりました

王子の投薬が終わりました ←喜びのリピート

最終戦は王子のトイレ籠城に30分近く付き合いましたが
油断したところを捕獲し無事シロップを飲ませることができました
(・ω・)/ヮ-ィ☆


IMG_1194.jpg

↑このあと「撫でてー」と甘えん坊でした




1113.jpg


【おまけ】
去年の11月ハウスオブラビットさんで撮影してもらった王子
お腹の心配がなくなったら又チヤホヤしてもらいに行こうね

IMG_8692.jpg


【おまけのおまけ】

↓腹黒リスとチンピラの会話
IMG_8711.jpg


【お知らせ】
11/18、19はうさフェスタです
come'sRoomさんファイト―

usa-festa17au.jpg
うさFesta2017 公式サイト http://usafesta.rabbittail.com/2017/



スポンサーサイト
2

黒玉子vs.シリンジャー

お腹いたたで通院してからはや5日

毎日朝晩シリンジでお薬(シロップ)を飲ませています

普段これでもかーこれでもかーと甘やかしているので
(サークルに出てきたところを)ケージの扉を閉めて退路をたち
ガーゼのバスタオルでぐるぐる巻きにすると
それはもう全力でキーキー騒いで暴れる暴れる

心折れます

ポキポキと心の折れる音がします

かえってストレスで病気にならないかとハラハラして
ここ数日で痩せましたわたし

がしかし
1週間と言われて渡された薬を勝手にやめてしまって
また具合が悪くなったら
病院の先生に合わせる顔がない&今度こそ入院・・それだけは勘弁です


王子は自由にならないのが大嫌いなだけで
シロップ自体は嫌いじゃないらしく
ごくごく飲むときはきゅるっと可愛いお顔をしています


投薬は明後日まで

がんばりまーす

1110.jpg

スポンサーサイト
2

けっきょく通院した王子

1日の夜に体調を崩した王子
その後数日は元気いっぱいでしたが
今朝またお腹いたたになったので病院の予約をしました

お昼すぎには野菜を食べて少しうんちが出たので
そこから少しずつ食べ始めましたが
やっぱりいつもと表情が違うのでした
(結果的にはここで『様子見』にしないで正解でした)


↓飼い主しか分からない「元気ない顔」
IMG_1179.jpg


予約の電話をした時に「ちょっとお待たせするかもしれません」と
言われていましたが
待合室はほぼ満席で
診察室に入る子のほとんどがレントゲンやら検査で
奥の処置室に行っていました

(電話で症状を話していたので
待っている間にスタッフさんがお腹を触って
緊急処置が必要かチェックしてくれました)


待っている間に大根葉をぽりぽり食べていた王子

IMG_1178.jpg

いやいや、なんともなくないっていつもと違うって


診察室でこの前の症状からお話しをして触診
王子はやっぱり元気がでないのかおとなしくされるがままになっていましたが
胃の下のところを触られたらのけぞって嫌がりました

うう・・痛いのね

危険な兆候はなさそうということで
点滴、注射をしていただき
シロップのお薬がでました

お薬を一週間飲み切って、
特に異常なければ再来院は無しでいいそうです



注射と点滴はそのまま診察室で(私たちの目の前で)やってくださったのですが
王子が無抵抗なので
「(体重は変わらないけど)なんだか貫禄でたね」と言われました(笑

点滴でややぷっくり
IMG_1180_20171105204205518.jpg

王子、頑張りました


またもやお腹いたたになってしまったけれど大事に至る前に通院できてよかったです

しっかり治すぞ! (ง •̀_•́)ง‼




IMG_1184.jpg

スポンサーサイト
0

たぶん冷えが原因の不調

先週末から急ぎの仕事に追われてんてこ舞っているうちに気づけば11月・・
「普段と違う」生活パターンで王子たちを構う時間も減り、
そうなるとうちの甘ったれ坊ちゃんはきまって体調を崩します

いや、主な原因は私の不注意ですが・・(´・ω・`)ハンセイ

例によって夜のへやんぽタイムに急変しました

・おやつに見向きもしない
・表情が硬くなる
・隅っこに置いたタオルの上でうずくまる(点々とおしっこ)

王子・・かなりしんどそう

いろいろやる前にまずは安心させてあげないとと思い
ゆっくり声をかけながら
タオルの上で寝ている背中を耳からゆっくりそっとナデナデナデナデ

体勢を保っているのもきついのか目をつむってぺちゃーんとなっていました
しばらくそのままナデナデナデナデ

耳ナデナデで体が温まったからか、そのうちズズズと動き出して
自分からトイレに行きました

その間にいつものスペースにあるタオルに使い捨てカイロを仕込み
トイレからそのまま横移動できるようにさっきうずくまっていた方のタオルを敷き
「どこでおしっこしてもいいからね」と声をかけて
サークル横にマイカヒーターとうさぎ用ヒーターをセットしました

IMG_1161.jpg


自分からマイカヒーター前に移動してぬくぬくしていたら
ポロポロとうんちも出て
そのうち表情も和らいできました

30分くらいしたら急にぴょこっと起き上がって
「ツマさんおやつー、りんごー!」と走ってきて
そこから一気に回復して牧草や野菜を食べ始めました

さらに1時間後の表情↓

IMG_1162.jpg

短時間で復活してくれてよかったーっ
この前病院で買った「お守りサプリ」も使わなくて済んだ
(「お守りサプリ」についてはまた別記事で)


今日は朝からキャッキャッはしゃいでオットと遊んでいました


突然の不調、恐ろしいですね
油断せずしっかりホカホカうさぎにしてあげないと!







【おまけ】
王子はお尻よりお腹を暖める方が好きなので
タオルの下に使い捨てカイロを仕込む作戦、今年もやります

IMG_1166.jpg

スポンサーサイト
2

(かえで健康診断)育てのママは見抜いていたの巻

かえでの健康診断に行って来ました

待合室の蛍光灯に反射して耳が光っています
IMG_1068.jpg


診察室でかえでを見るなり先生が毛艶を絶賛
(ΦωΦ)フフフ →得意気な私とオット

体重もちょうどいい具合になっていて歯も耳もきれい
さすがだわーかえでさん
(ΦωΦ)フフフ

そして触診
いつもより入念に関節を曲げ伸ばししてチェックしてくださっているなぁと思ったら
「走りにくそうにしていませんか?」
「いえ別に?」

かえでの脇の下に手をいれて立たせるようにして
「ちょっと後ろの右脚を見てもらえますか?」

「(左脚に比べて)外側に曲がっているんですよ」

(゜∇゜ ;)エッ!?
あ、ほんとだ

加齢によるものです」

痛みがあるわけではなく、すぐに歩けなくなるわけではなく、
年をとったうさぎならよくあることだと言われました

そして関節が開き気味といっても運動制限をする必要はなく
これまで通りでいいそうです(運動不足の方がよくないそう)


帰宅後、「というわけなんですよー」とかえでの育てのママにLINEしたら
「6月に私それ言ってましたよ」と返事が

・・・そうでした

かえでがトンネルに頭を突っ込んでいる画像を見たママに
「後ろ(右)脚、力入っていないの?」と言われたのでした

普段走ったり動いている姿を見て違和感はなかったので
そのときはその言葉を深く考えなかったのですが
改めてその頃からの画像を見直すと確かに右脚が外に流れたりしています

さすが、30匹以上のうさぎ達をお世話してきたグレイトママ!
一生ついていこう ←


ところで帰宅後のかえでさんは久しぶりのお出かけで疲れたようで
ずっと隅っこでご機嫌ナナメ

換毛期でお顔が・・
IMG_1069.jpg


かなり時間がたってからまとめていろいろ食べ始めました
IMG_1072.jpg


深夜には元通りの甘えん坊さんに戻りました


いつも食欲旺盛で元気ですが
かえでは推定11歳、立派なお年寄りうさぎでした

病院で指摘されて関節の老化に気づくおとぼけ飼い主だけど
かえでが健やかに穏やかに長く幸せに暮らしていけるように
努力していきたいと思います






【お寒くなりました】
冷え込んできたので昨夜からかえで部屋にマイカヒーターを出しました
ここから動かないしましま
(放し飼いゆえ暑くなったら自分で好きなところに移動できます)

IMG_1074.jpg

スポンサーサイト
4

うっ滞は忘れた頃にやってくる

皆さまごきげんよう
久しぶりの更新でございます

パソコンはまだ調子が悪いですが
月末月初は仕事も立て込み
次々と事件もあり修理どころではありませんでした

このタイミングで洗濯機まで壊れてしまって、もう・・

(;´д`)トホホ

でもって王子はうっ滞になりました
症状は4月のときと同じです

深夜の頻尿 復活の王子(前編)

深夜突然タオルの上に大量におしっこをして動かなくなるという・・
しばらくして軟便が出た後は表情がおちついて牧草を食べ始めたのですが
でもやっぱり「いつもと違う」


朝、汚れたマット類をどかしたところに寝っ転がって
きゅるるん顔をする王子

病院に連れて行かれないよう元気なふりをしているだけにも見える
IMG_0823_201708021336109e2.jpg

一応ペレットも牧草も食べているけれど
ちゃんと消化されて出るか不安だったので通院しました

触診で「胃の上のところを触ると痛がるね」と言われ
念のため注射と点滴をしていただきました

帰宅後、点滴でぷっくりしている黒玉子
IMG_0827.jpg


お腹の調子が戻るのに少し時間はかかったけれど
今はもう元気です


またお天気が不安定なせいか
病院は急患も多く入院ケージが満員だそうです

具合の悪さは一気に進むので
見逃さないように気をつけていかなくてはですね


0802.jpg

スポンサーサイト
4

健康うさぎの健康診断

連休中のこと
王子は山へ柴刈りに、じゃなくハウスオブラビットさんへグルーミング
そしてかえでお嬢様はいつもの病院へ健康診断を受けに行きました

眠い時間に連れてきたので目がとろーんとしていました

IMG_0756.jpg
いま来たばかりよかえでさん

朝1番の組の予約で、幸い急患の子もいなかったので
スムーズに診察室に呼ばれました

体重はちょこっと増えて1.86キロ
最近健診のたびに減っていたので増えて嬉し~い

「何か食事を変えましたか?」
「アルファルファをたくさん食べています」

(かえでの牧草は現在4種、
チモシーとアルファルファ、オーツヘイにウーリーの高原の麦)


腫瘍などできていないか念入りに触診していただき
「うん、いい(肉付き)ですね!」と言われました

くしゃみ鼻水は相変わらずだけど歯はきれい

耳の奥の方(耳道が垂直から水平に曲がる辺り)に耳垢がひっかかっていたそうで
二人がかりで保定して取ってもらいました
嫌がって後ずさるかえでの仕草が可愛くて顔がニヨニヨするオットと私

「上に跳ねる場合もあって危険ですからおうちでは耳掃除しないでくださいね」
ハイもちろんでございます (・Θ・;)


爪も切ってもらって7月の健康診断も無事終了!

いつも食欲があって元気なかえでですが
今回の耳垢のように私たちで気づけないこともあるので
2、3ケ月に一度は爪切りを兼ねて病院で診ていただこうと思います


かえでちゃんお疲れ様
IMG_0755.jpg



IMG_0760.jpg

車で片道10分くらいとはいえ
お出かけは疲れちゃうね
ゆっくりお休み~


兄弟のしまじろうくんと揃えた方がいいだろうということで
現在の年齢が「11歳」ときまったかえでさんです
(実際はもっと上かもしれないけれど)

これからも健やかに毎日を過ごせますように


甘えん坊老女




【しまじろうくん】
パパさんがどんどん画像を送ってくるので
しまじろうくんフォルダがモリモリ大きくなるのでした(嬉)
1500194492526.jpg

スポンサーサイト
2

健康診断と起き抜けかえで

先週末、土砂降りの中かえでの健康診断に行って来ました

急に気温も湿度も上がったのが沖縄育ちのかえでは逆に「ちょーどいい!」とばかりに
朝から絶好調でバタバタ走り回っていたので
「めちゃくちゃ元気なんですが診ていただいてもよろしいでしょうか」と言いたくなるほどw

けれど年齢的にいろいろ気をつけなきゃいけないこともあるので
日ごろ気になっていることをいろいろ質問してお話を聞いて帰ってきました

「絶好調」期なのでご機嫌ナナメになることもなく
帰宅後もいつも通りでした(よかよか)


かえでちーん、おやつの時間だよ

IMG_0453.jpg

気づいてからののび~
IMG_0454.jpg


でもまだおねむ
IMG_0455.jpg


寝ぼけまなこ
IMG_0459.jpg


しばらくして動き出しました

まずは分身に挨拶

IMG_0458.jpg


この後「るこママーっ!おやつおやつっ」とどかーんと走ってきました

かえでは今日も元気です



オットが撮影したのびっぱなしかえで(笑)
IMG_0423.jpg


スポンサーサイト
4

(まんが)続・戦うおとこの真剣白刃取り

先日の通院の時のエピソードです

オットさんは好き好きなのに
同じ男性でも病院の先生にはいつも闘いを挑む王子
あまりにまん丸ゆえ「玉子」と呼ばれたのを根にもっている??

さてさて
先生は毎日何十匹とうさぎの診察をしていて診察もスピーディーですが
病み上がり王子のストレスにならないよう、この日はさらなる時短のために
タオルでぐるぐる巻きにして耳や歯のチェックに入りました

それでも暴れる王子(※)
20131020-1.jpg



今日も出たー!
真剣白羽取り!

(※)
20131020-2.jpg

※「戦うおとこの真剣白刃取り」の画像再掲載です
http://mapleprince.blog.fc2.com/blog-entry-565.html


しかし今回はここで終わらず

先生はさらにタオルをぐるぐる巻いてきました

20170501-3.jpg


でもここで諦めない王子

20170501-2.jpg


隙をついて前脚を抜くとパンチで抵抗・・・

20170501-1.jpg



萌え死ぬかと思った☆(私が)


「屈しなかったよ!」とドヤ顔な王子

IMG_0327.jpg


先生の心、うさぎ知らず・・





スポンサーサイト
4

深夜の頻尿 復活の王子(後編)

前編のつづきです

いつもの病院に到着~

ちなみに予約時にざっくりお伝えしていたこと
・昨夜急にうずくまって動かなくなった
・おしっこの様子がいつもと違いあちこちに点々としていた
・今朝は排泄はいつも通り、ペレットも食べている

診察室で改めて昨夜の22時以降から今朝までの様子をお話しました

触診と歯のチェック、軽く爪切りをしてから王子はいったんキャリーに戻して先生のお話を聞くことに

「僕の見解としては」と前置きされた後
「なにか、消化器系の疾患があって
その痛みでいわゆる失禁のような状態となったのではないかと思います」
「例えば急性胃拡張の場合などは『急に症状が出て』『急におさまる』ケースがあります」
恐らく今回の王子もそうではないかと

「もし結石など泌尿器系の病気の場合はこんな風に急に回復したりしない」と補足いただきました

そして、私とオットがお話した現在の状態とこれまでの王子の診察履歴から判断すると
特に治療は必要ないでしょうと言われました

苦しそうにしているときに私は何もできなかったと言ったら

「これまでもここでお話してきていますが
『病名を探る』のではなく、(飼い主にしかわからない目線で)経過を説明いただくことが大事です」と言われました
(もちろん、症状によっては夜間救急病院に連れて行く等の判断は必要)

今回の私たちの飼い主としての対応は(病院の考えからすると)パーフェクトだそうです
これからも、信頼する病院の先生やスタッフさんに「信頼される」飼い主でいたいなと思いました

「大事なのは、また同じ様な症状になったときに『以前に回復したから』と過信して
通院を遅らせて事態を悪くしてしまわないことですよ」とオマケで言われました
肝に銘じておきます



王子の診察は短時間だったのでストレスもなかったようです

IMG_0324.jpg


ドヤ顔
IMG_0326.jpg


家に帰ってから牧草をいっぱい食べてご機嫌でした
元気な王子に戻ってよかったよかった


王子の様子がおかしくなってから
ワタワタと行動する(先生の言葉を借りれば「病名を探る」)ことなく割合冷静でいられたのは
ずっとLINEでドイツのはなこさんが話を聞いていてくれていたからです
はなこさんありがとー


0416_20170416182610116.jpg

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。