今度はかえでがお腹イタタ

(2018.12.13追記)とても大事なことを書き間違えていたので文中赤字で修正しました

先日かえでを連れて今年最後の健康診断に行ってきました
日曜の待合室は体調を崩したうさぎを連れた検査結果や処置待ちの家族で混雑していました

幸い今回もどこも問題はなく、10月末に受けた健診とあわせて記事を書こうと思っていた矢先・・
かえでさんが急に何も食べなくなりました
(朝6時前、オット隊員の報告)

昨日まで牧草をモリモリ食べて
IMG_2840.jpg


夜もおやつの生野菜をモグモグしていたのに
IMG_2849.jpg


ちょっと変だな!?の兆候といえば
寄り添ってきた後なぜか私に対して直角になって寝ていたこと
IMG_2850.jpg
これがサインだったのか謎


病院の開く時間までは湯たんぽと毛布で体を温めてあげて
予約をいれて病院へダッシュ~
久しぶりの電車移動だったのでキャリーの中でコロコロしないように
防水マットを敷いた上にいつも使っているマットを丸めたものとジェルタイプの湯たんぽを入れました
IMG_2854.jpg


いつもの院長先生がいらっしゃらなかったので別の先生が診察してくださり
レントゲン検査を受けたところ
胃の半分以上ガスが溜まっていて残りは食べ物が詰まっている状態、
胃のなかには食べ物がみっしり詰まっていて
その後ろの盲腸部分にガスが溜まっていました

その食べ物の入っているあたりにもガスがあったので
「(今日の症状の前提として)慢性的な食欲不振があったのだろう」と言われました

そうだったのか・・
ペレットは毎日朝晩完食していたし牧草も減っていたので
「いつもより食べが悪い」ことに全然気が付きませんでした

高齢なので他の臓器に影響が出ていないか、
レントゲンとあわせて念のため血液検査もしましたが
5月に受けていたうさぎドックの結果と比べるまでもなく正常の範囲でした(ほっ)

うっ滞の治療として今日のかえでについては
点滴(補液)、注射(お腹の薬と抗生剤)、強制給餌をしていただきました

(補足)ガスは盲腸に溜まっているので胃を動かしてガスを押し出すためのお薬と強制給餌となりました
→胃にガスが溜まった状態で無理に胃を動かしたら大惨事の可能性・・


かえでさん・・シリンジを嫌がりながらも10本も食べたそうです(さすがグレイトかえで)
今日の先生は「お薬の飲ませ方の参考に」と目の前で11本目を食べさせてくれました


念のため明日も点滴で病院へ行くことになり
1週間分のお薬が出ました
今夜から朝晩、ストレスをかけないように工夫してやらねば

王子はすっかり投薬慣れしたのかタオルでぐるぐるにされるときに嫌がっても
飲み終わって3分もたつときゅるるん顔で走りまわっていたのですが
かえでは・・ずっとプリプリ怒っていそうでちょっと不安


体調を崩している子の飼い主の皆様、1日もはやい回復目指して頑張りましょう

IMG_2843.jpg
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

うさーずプロフィール

Author:るこ丸
【王子】
2011年6月4日生 鼻の白ぽっちがチャームポイント
コロコロまんまるネザー男子 別名「黒玉子」
好きなものはりんごとオットさん
得意技 チモシーボード破壊
必殺技 「きゅるるん」顔

【かえで】
沖縄うさぎ出身
右耳ないけどキュートな子
甘えん坊 縞ホッケ似の模様の持ち主
推定年齢14歳 二つ名は「不死鳥」
酸素ハウス生活を経て2019年10月6日永遠の14歳になりました

検索フォーム

QRコード

QR