FC2ブログ

うちの王子は天才うさぎ

鼻のあたまに白ぽちの黒ネザー「王子」と甘えん坊の「かえで」。2匹は別々の部屋で暮らしています。
4

不死鳥のかえで 最期の奇跡

人間でいうところの四十九日が近づいてきたので
あの日かえでが起こした最期の奇跡の話を書いておこうと思います

そのいち:自力で野菜を食べた

注射と点滴をうけて家に帰ってからも調子が一向に上向かず、
深夜になって自分の力で動くことも
強制給餌を飲み込むことも難しくなり
本当に緊急事態だと思っていたのに

オットがいつも通り「かえでちゃーん、野菜食べる?」と言ったら
膝にのぼって 野菜を食べた

どゆことー!かえで、すごい



そのに:血液検査で異常なし

午前に病院へ連れて行き診ていただいたところ
覚悟をしてくださいと言われ頭のなかが真っ白になりました

ただ
こんな状態なのに昨日の点滴が体に吸収されているので
このまま入院して静脈点滴をしたらもしかしたら・・と、
かえでのこの状態が少しでもよくなるのならと一縷の望みを抱いて
そのままお預けしました

そのすぐ後血液検査をしたら
IMG_4094.jpg

数値は正常の範囲だったそうです

かえで、すごすぎる



そのさん:退院レベルまで復活

オットの車で面会に向かって
あと5分くらいで着くというところで病院から電話がありました

かえでが「急に倒れて」
「心肺蘇生をしている」と

処置室でかえでの体に再会しました

かえでは静脈点滴のあと
自分でとことこ動き始めて
自分のくちで牧草を食べ始めたそうです

あまりの回復っぷりに先生は
「今夜は自宅に連れて帰ってもらって、今後の治療のことを後で話し合おう」と
思っていたそうです

寿命がぷつりと尽きたようにパタリと倒れるとか文字通りの大往生!
すごい、すごいねかえで

苦しまないでよかった
最期まで自分でごはんを食べれてよかった

最期までかえでらしくいてくれてよかった

グレイトだよかえでちん



おまけの奇跡

身体を綺麗に拭いてもらったかえでを入れたキャリーを前に
診察室で改めて先生とお話しました

まだうちの子にする前、保護っこかえでを初めてこの病院に連れてきたときから
「この子の存在が勇気になる」と言ってくれて
保護活動をされている方や事情のある子の飼い主さんたちに
事あるごとにかえでの話をしてくれていたそうです

知らないところでかえでが誰かのちからになっていたのなら
それもうれしい奇跡です


甘えん坊で
食いしん坊で
ピンチになっても蘇る不死鳥


ずっとずっと大好きだよーかえでちん


IMG_3224.jpg


rabbit_life88_31.gif

関連記事

スポンサーサイト
Category : かえで
該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

みずえ says...""
さすがかえでちゃん。
最期の最期まで諦めない姿勢、生きる気満々の意欲、素晴らし過ぎる。

私の自慢の姪っ子。
もはや神ですな。
本当にお空に行ってしまったけど、きっとお月様でも、女神として君臨していることでしょう。
たまには降臨して顔を出してね。
ももすけと待っているからね。
2019.11.21 10:33 | URL | #- [edit]
たかだっち says..."こんばんは^_^"
かえでちゃん、思いっきり生きるを全うしたんですね。
すごいな。
私もかえでちゃんを知って保護うさぎさんを知りました。
そして私にも出来ることあるんじゃないかと思いました。

いつかかえでちゃんに会えるかな?
会ってみたいな。

私のあをいちゃんと女子会して月組Life、
楽しんでて欲しいな^_^
2019.11.21 20:17 | URL | #- [edit]
るこ丸  says..."みずえさん"
コメント放置失礼しました
m(o・ω・o)mゴメンヨ

かえでのいない冬が久しぶりすぎて寒い
しまじろう君が「かえでちんはまだるこママさんのちかくにいるよ」と言ってくれるんだけど
私はなにも感じないのよね無念
2019.12.04 16:25 | URL | #- [edit]
るこ丸  says..."たかだっちさん"
コメント放置失礼しました

> 私もかえでちゃんを知って保護うさぎさんを知りました。
> そして私にも出来ることあるんじゃないかと思いました。

たかだっちさんはうんと昔から保護っこのための支援活動をされていると思っていたのでこの事実は衝撃でした
かえでがきっかけだったなんて驚きです

私も初ボラ(預かり)がかえででした

沢山の人をつなげてくれたんですねぇ
2019.12.04 16:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する