かえでの鼻水掃討大作戦(その1)

先日健康診断で通院した際
前々から気になっていたくしゃみと鼻水について
これからの治療をどうするか相談してきました

(歯もほかのところも異常はなく
今のところ食欲もあるので
まずは鼻だけの問題としています)

病名は特についていません


話がちょっとそれますが「うっ滞」になったからといって
マッサージや「腸を動かす薬」が最善の方法でないケースがあり
症状によっていろいろなアプローチが要ることがわかってきたように、
うさぎを大事に育てる飼い主さんが増えその症例がノウハウとして貯まったことで
うさぎ医療も日々進化しているのだと思います


◆参考過去記事◆
王子うっ滞日記Sその2 うっ滞にもいろいろある
かえでうっ滞日記その3 診断名は「急性胃拡張」


なので「鼻水とくしゃみ」も同じように、
うさぎの病気についての本に書かれていることは
どんどん変化をしてきているという前提で、
たくさんの情報に惑わされない様に
いま目の前にいるかえでの症状とそれに対する病院の先生の考えを
何より最優先に受け止めることにしました
(←この先闘病生活が長くなりそうなので、ちょっと宣言ぽく書きました)

さて、話を戻して
かえでの場合、特にきまったパターンでくしゃみが出るわけでないので
先生はまず
何か鼻管(鼻涙管)のなかを常に刺激してくしゃみを誘発させるような細菌がいるのではないかという仮説をたてました

細菌性とした場合、対処方法としては
・点鼻薬(鼻から薬をいれる)
・点眼薬(目から薬をいれる)
・投薬で血流に乗せる
の3つがあるそうです

どれをとるかは使う薬により変わってきます

そしてここで薬の問題があります
うさぎに使える抗生剤は限られていて、しかも抗体ができてしまうと
もうそれが使えなくなるのでやたらに(?)薬を使うわけにはいきません

この辺りはお医者さんによって見解が分かれるところだと思いますが、
かえでの主治医の先生は「細菌がいるのならそれに確実に効く薬が何か
わかったうえで処方したい」という考えでした
(ノウハウからでなく、かえで個体の問題としてのアプローチです)

具体的には、と資料で説明していただきました

鼻水を採取して外部に検査に出すと
それに含まれる細菌に10通りの薬の感受性を見ることができるそうです
10通りの中で1つでも反応する薬があればそれが使えるし、
すべてに無反応だった場合は細菌性でないということでさらに仮説を
たてることができるというお話でした

もちろん検査には費用もかかるため別の方法をとる飼い主さんもいるようです

けれど今のかえでには先生が提示されたやり方が一番あっているように思えました

「それでお願いします!」
(`・人・´) タノンマスー!

そこでまず鼻涙管洗浄をして検査に出すサンプルを採りました

近いうちに通院して結果を聞いて
そこから本格的治療が始まります

ぜったい治す!
o(炎_炎)o ウオオオッッ!!

かえで本人は元気です

さんざん散らかして遊んでからおもむろに牧草を食べる子


立ち食いうさぎ






にほんブログ村 うさぎブログへ
関連記事

コメント

コメント(6)
No title
ほんの10年前に比べると、うさぎさんの治療も進化しています
日々、人間の治療と同じく、技術や知識など前へ・・・
かえでちゃん、るこ丸ママと一緒にお鼻治そうね
ぜったいよくなるからねっ

かにこ

2013/09/23 00:56 URL 編集返信
No title
>かにこさん

うさぎを取り巻く治療の変化は
飼育経験の浅い私がここ1年くらいで感じることなので
たくさんの子を見てきているかにこさんはもっと実感されてますよね

食欲と体力のあるうちに完治目指しますっ

rukomaru

2013/09/23 11:30 URL 編集返信
No title
かえでちゃんも長引いてるのですね。シュウのお耳もです。
治療はこっちの先生のところでやってもらっているのですが、薬の種類をかえても効かないので、前回の健康診断で、その検査をきち先生にしてもらいました。

その結果をこっちの先生に知らせて、今も治療をしてもらってますが、結果はあまりかわらずで・・・

きち先生にも使える薬はわかるようになるけど、治そうとすると相当の薬を使うことになり、体調が逆に悪くなるかもと言われました。
確かにそうだなぁ・・・って今思ってます。

シュウも私も通院に疲れちゃって、2週間治療をおやすみさせてもらうことにしました。
(その間に他の病院行くんですけど)
あんまり「治すぞ」って気合い入れると私みたいに疲れちゃうので、るこ丸さんの大きい心でゆっくりと治すのに付き合ってあげてくださいね。

シュウママ

2013/09/23 19:08 URL 編集返信
No title
かえでちゃん、そしてるこ丸さん、大丈夫ですか?
かえでちゃんの鼻は、根気が要りそうですね。
人間ももちろんそうですが、ペットの治療は、医師との信頼関係や意志の疎通が大事。
かえでちゃんの主治医は、その点クリアされているようなので、叔母(自己申告)としても安心です。

これから長い治療が始まるのですね。
かえでちゃんもるこ丸さんもお財布も、どうか頑張ってくださいね。

それにしても、かえでちゃんが元気そうなのが救いだ……。

みずえ

2013/09/24 12:08 URL 編集返信
No title
>シュウママさん

シュウくん苦いお薬頑張っていたのに・・
薬だけで治すには限界があるということですね
それでも何もしないよりは楽になってくれていると祈りたいです

かえではまだまだこれからです
1年前の、避妊手術をした頃が一番(血液検査委上でも)健康だったと
いわれたら悲しいので
飼い主としてできる限りあがこうと思います

かえでの鼻水とくしゃみがよくなれば、似たような症状の、
同じ日に保護されたかなさくんにも
光が見えるような気がします(希望ですが)

rukomaru

2013/09/25 19:22 URL 編集返信
No title
>みずえさん

お、叔母だったんだ(宣言して親戚としてのポジションを確たるものに 笑)

最初の最初、去年の9月に再びかえでを保護主さんから預かって
手術にむけて初めての病院にいったとき、
片耳のないかえでを見ても顔色ひとつ変えなかった先生なんで
信頼の前に「信用」できました


かえでちゃん元気で食いしん坊で甘えん坊で毎日可愛くて
オットと私はだらしない顔になってますよー(半分から後は自慢か)

rukomaru

2013/09/25 19:35 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

うさーずプロフィール

Author:るこ丸
【王子】
2011年6月4日生 鼻の白ぽっちがチャームポイント
コロコロまんまるネザー男子 別名「黒玉子」
好きなものはりんごとオットさん
得意技 チモシーボード破壊
必殺技 「きゅるるん」顔

【かえで】
沖縄うさぎ出身
右耳ないけどキュートな子
甘えん坊 縞ホッケ似の模様の持ち主
推定年齢14歳 二つ名は「不死鳥」
酸素ハウス生活を経て2019年10月6日永遠の14歳になりました

検索フォーム

QRコード

QR